So-net無料ブログ作成

ローマ1:13-15 物事を変革する力 [ローマ書]

  1. ローマにおいて福音を述べ伝えて、何とかして幾人かでも救いに導きたい。
  2. 彼を内側から突き動かしていたのは、キリストの愛であり、愛による負債であった。
  3. たとえ、どんなに妨害されても、人々から馬鹿にされても、パウロは宣教のビジョンを失うことなく、これを追求していった。
  4. 聖霊による強い信念とビジョンをもって、反対する人々を忍耐強く説得しながら、物事を変えていくバイタリティーのある人が必要である。その生命力とはキリストの復活の力である。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

竹竿

「その生命力は、キリストの復活の力である」
・・・キリストの復活の力とはすごいですね。死んだ物が生き返る。
霊的に死んでいた人が復活したら、パウロ並の器となるのでしょうか。主の働きに期待、です!
by 竹竿 (2017-03-13 22:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。