So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ローマ1:25-27 永遠にほめたたえるべきお方 [ローマ書]

  1. 創造者こそが永遠に賛美されるべきお方である。滅び朽ち果てる被造物と違って、創造者は永遠である。その栄光と力とは永遠に不滅である。
  2. 被造物にとってふさわしいあり方、その創造の目的、それはずばり礼拝である。神を神とする。神にふさわしい賛美と感謝をささげていく礼拝こそが最も重要なポイントである。
  3. 天国においてなされている営みは礼拝である。その礼拝の中心は子羊なるキリストである。
  4. 男色はヘレニズム世界においては自明なことであり、より高い愛の表現として称賛されていた。それほどに彼らの知性は暗闇に覆われていたのである。
  5. 主をほめたため、礼拝することこそが我らの力と喜びの源泉である。それは常にできることである。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

聖書初心者

はじめてまして。まだ何をどうやって読んでいったら良いかが
全く分からない超がつく聖書初心者の者です。


昨年10月の”マタイ福音書14:22-33”の回が聖書初心者の
私にもわかりやすかったので、私も一緒にコツコツ聖書を読んで
みようと思い更新を心待ちにしておりました。

先日久しぶり覗いてみたらいっぱい更新されていてビックリです。

書かれる方が変わってしまったのでしょうか?

最近のものは私には難しく感じられます。

私の勉強が足りないのは重々承知の上ですが
書かれている方(牧師先生?)のお言葉で解説して
頂けると嬉しいです。

また覗きに来ます。



by 聖書初心者 (2017-03-22 20:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。